高級機械式時計の限界に挑む「リシャール・ミル」

ここでは、スイスの腕時計ブランド「リシャール・ミル(Richard Mille)」について、その概要と特徴をお伝えします。

スイスブランドを立ち上げたフランス人

リシャール・ミルは、数々のラグジュアリーブランドをマネジメントしてきたフランス人のリシャール・ミルが2001年に立ち上げたブランドです。

「腕時計のF1」というコンセプトのもと、軽量で丈夫、スポーティーさを兼ね備えた製品を作り続けてきました。

リシャール・ミルのこだわり

最初のモデル「RM001」は、F1や航空・宇宙産業で使用されている最先端の技術、素材を使用し、一切の妥協のない造りで高級時計業界を激震させました。「時代を先取りした」と当時表されたこの初代モデルのポリシーは、その後の製品にも脈々と受け継がれています。

特殊な素材を使用した限定製品であり、また世界的な人気が確立しているため、価格も数百万円以上と高額で、入手が難しいことで知られています。まさに選ばれし人だけがつけられる腕時計といったところでしょうか。

「腕時計のF1」という通り、リシャール・ミルの製品はすべて最高品質のパーツから成る、腕時計界のレーシングマシンです。標準タイプの部品は一切使われておらず、細部の小さな部品一つとっても数ヵ月の開発と実験の賜物であるという、こだわりにこだわり抜いた製品です。